山下建設株式会社

yamashita

おかげさまで創業74年

  1. HOME >
  2. こだわりアイテム / 省エネ・創エネ

省エネ・創エネ

近年、地球環境を守るという大切さが一人ひとりに広がり、住まいの省エネに対する関心も高まりつつあります。「やまけん」では、家全体の高断熱・高気密化を図り、消費エネルギーを大きく削減できる省エネルギー性能の高い住まいを追求。また、創エネにも注目し、地球環境だけでなく、家計にもやさしい、快適に過ごせる住まいづくりを目指しています。

セルロースファイバー

木から生まれた、暮らす人と地球にやさしい断熱材

天然の木質繊維でを主原料とし、特有の空気層により断熱性・吸放湿性・吸音性に優れ安全性の高い断熱材です。新聞古紙をリサイクルしたものが主原料となっているので限りある資源を有効利用しており環境にやさしいリサイクル素材でもあります。

ウレタン吹付断熱

マシュマロ断熱で暮らしを快適に

オゾン層の破壊や地球温暖化の原因となるフロンをまったく使わず、水によって発泡させる低密度のウレタンフォームを使用しています。有害物質が発生しないので、地球環境はもちろん、住み手や施工する職人さんにもやさしい断熱材です。また、現場発泡により構造躯体に追従してぴったり密着するので、構造体の温度変化や劣化による伸縮にも柔軟に対応し、気密性が長期的に持続します。

木製断熱玄関ドア

質感と優れた気密・断熱性を兼ねそろえた玄関ドア

家の顔でもある玄関。無垢の質感でその表情はぐっと変わります。寒冷地北欧での厳しい工業建築基準をクリアした木製断熱ドアは木材・鋼鈑・断熱材等の多層構造で本体の反りを防止し、高い断熱性と気密性、さらには遮音性もアップし快適な暮らしを演出します。厳選された素材と豊富なバリエーション、重厚感あふれる落ち着いたデザインで住いの顔を彩ります。

木製断熱サッシ

良質で美しい木目で高性能の窓

木製断熱窓はアルミに比べはるかに熱を伝えづらく、またトリプルガラスの採用により断熱性に優れています。またその美しい木目がそのまま活かされる為、自然の優しさ・ゆくもりをそのまま演出してくれるアイテムです。

高断熱樹脂トリプルサッシ

樹脂サッシ+トリプルガラスの次世代型高断熱サッシ

木製サッシに比べ、メンテナンスフリーなトリプルガラス樹脂サッシの登場です。室内・外の2面にLOW-Eガラスを採用。ガラス間には熱伝導を抑えるアルゴンガスを封入。省エネ住宅には必須のアイテムです。

樹脂サッシ

樹脂+LOW-Eガラスで高い断熱性のエコな窓

高い断熱性能を持つ樹脂サッシのAPW330。木製サッシに比べてデザインバリエーションが豊富であることとお手入れのしやすさも特徴です。さらに断熱性にこだわりたい方にはAPW330の真空トリプルガラスがオススメ。3重ガラスのアイディアに真空断熱の技術をプラス。0.2mmの真空層が強力な断熱効果を発揮します。

太陽光発電

太陽の力で電気を創り出す「太陽光発電システム」

太陽光発電は、太陽の光をエネルギーに換えてご自宅で電気を創ることができる、発電時にCO2を排出しないクリーンな発電システムです。昼間に利用する電気は、太陽光発電でまかなうことができ、夜は従来どおり安価な電気を電力会社から購入。使った電気の量より、太陽光発電で創った電気の量のほうが多く、余った場合は電力会社に売ることができ、光熱費の削減にもつながります。

太陽熱利用給湯システム

太陽熱エネルギーを利用して
環境にやさしくて経済的な給湯システム

太陽の熱を利用して効率的に集熱・加熱するため二酸化炭素等の排出低減にも貢献します。さらに光熱費も大幅に削減できるから、とっても経済的。年間約40%の給湯エネルギーをまかないます。環境問題や年間の光熱費を考えた21世紀型のエネルギーです。

エコキュート

オール電化住宅のマストアイテム

大気の熱を利用してお湯を沸かす、地球環境への負荷をおさえた自然冷媒ヒートポンプ給湯機。大気熱を利用するので、お湯を沸かす効率は電気エネルギーのみの場合に比べて電力消費量約1/3。割安な夜間電力を使用するので、給湯コストを大幅に削減できます。

HEMS

エネルギーの見える化を実現する「HEMS」

「HEMS」(ホームエネルギー・マネジメントシステム)の導入により、家庭内の消費電力量や電気料金などの「見える化」を可能にすることで、ご家族みなさまの節電意識がアップし、省エネも促進。ご家庭から排出されるCO2量の削減にもつながります。財団法人省エネルギーセンターの調査によると、設置後は前年同月と比べて、11%程度の省エネ効果があるとされています。

※標準仕様、オプション仕様については、担当者までお問い合わせください。

山下建設株式会社
〒242-0022
神奈川県大和市柳橋5-7-10
TEL 046-269-2111

pagetop