こだわりの中庭の作り方 | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは。やまけんです。

 

中庭というと、ちょっと一般人には手が届かないような、敷居が高いイメージがありますよね。
でもだからこそ、憧れる。
中庭はそんな存在ではないでしょうか。

 

 

でも中庭は思っているよりも敷居が高いものではなく、プランの工夫で取り入れることが可能な場合が多くあります。

 

今回はそんな中庭についてクローズアップしたいと思います。

 

中庭のメリットとは

 

 

あえて家の内側に囲われたような中庭を作るメリットは、どのようなことが考えられるのでしょうか?

 

プライバシーが配慮されている

家や目隠しフェンスなどで囲われた中庭は、人目に晒されることがありません。
住宅密集地や道路に囲われている土地に家を建てる場合、人目を気にすることなく洗濯物が干せたり、安心して子どもを遊ばせたりすることができる場所になります。

 

採光として

中庭は別名『ライトウェル光の井戸)』とも呼ばれています。
これからもわかるように、中庭があると家の中にたくさんの光が差し込み、気持ちの良い自然光の中で暮らすことができるのです。

 

 

中庭をつくるには?

 

では「中庭のある家で暮らしたい!」と思ったとき、気にしておきたいポイントは何でしょうか?

排水をしっかり考慮する

通常の庭であれば雨水などは道路などに流れていきますが、四方が居住スペースで囲われているタイプの中庭もあります。
その場合排水がしっかりできるよう、事前に配管工事を実施しておくなどの対策をする必要があります。

外壁の色

四方が壁で囲われたタイプの中庭は、場合によっては閉塞感を感じることがあります。
それを回避するためにも、外壁の色は明るい色にすることをおすすめしています。
もちろん家の外側はダークな色でも問題ありませんが、中庭に面する外壁の色はできるだけ明るくすると、室内の壁の仕上げと似たような雰囲気になり、より光溢れる空間を演出することができます。

広さ

小さなスペースで中庭をつくると、かえって窮屈な印象を与えてしまいます。
居心地のよい空間にするためにも、ある程度の広さを確保するようにしましょう。

 

自分の家に中庭があるなんて、ちょっとした自慢にもなりますよね!
メリットも多くあるので、家づくりをする際のひとつの選択肢として考えてみてはいかがでしょうか。

ご不明点などがあれば、どうぞお気軽にやまけんの設計士にご相談ください!