夏の強い日差しを和らげる家づくり | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは。やまけんです。

 

7月に入り、いよいよ夏がはじまりますね!

ここ最近は酷暑が続き、何かと過ごしにくさを感じている方も多いのではないでしょうか。

気象庁が10年ごとに行う「気候の新平均値」が先日発表になりましたが、

新平均値では現在の平均値と比べて真夏日が3日以上も増加し、猛暑日も4日以上増える場所があるとか。

そんな今だからこそ、家づくりから酷暑対策を取り入れましょう!

 

 

暑さを和らげるためには、何と言っても夏の強い日差しを遮ることが一番の対策です。

特に午後過ぎから部屋の中に入ってくる西日は、エネルギーが高く

部屋の気温を上げる原因に。

しかもやっかいなことに西日は太陽高度が低いため、

屋根や庇(ひさし)でカットしにくいという特徴があります。

 

 

西日をカットするのに有効な方法は以下のような手段があります。

・西側の窓を小さくする、もしくは無くす

・屋外シェードやタープ、すだれやよしずを使用する

・外構の植栽を針葉樹にする

・窓に遮熱ガラスを使用する

 

屋外シェードタープすだれよしず、などを使用する場合は、

日傘と一緒で色の濃いものが遮熱効果が高くてお勧めです!

夏の強い日差しときだけ設置すればいいので、

冬は暖かい西日を取り入れられるメリットも◎

 

針葉樹は夏場は葉が青々と茂り、太陽の光を遮り影を作ってくれます。

冬場は葉が落ちて暖かい光が家に入ってくるので、こちらもお勧めですよ。

 

今年の夏も、厳しくなりそうです。

家の中では快適に過ごせるよう、工夫を取り入れてみてくださいね。

家に関することは、私達やまけんまでお任せください!