屋上&ルーフバルコニーで楽しむ!秋の夜長のおうちアウトドア | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは、やまけんです。
秋が深まり、山々も色づき始めました。

愛好家の間では、秋冬こそアウトドアのベストシーズンという声が多く、べランピングやおうちキャンプを楽しむにはぴったりの時期です。
ブランケットにくるまってコーヒーを飲んだり、澄んだ秋空を見上げて天体観測をしたり。秋の夜長を楽しむ“大人なおうちアウトドアスタイル”も徐々に定番化してきました。

そこで今回は、おうちでアウトドアを満喫するためのアイデアがいっぱいの屋上庭園&ルーフバルコニー事例をご紹介します。

【秋の夜長を楽しむ屋上庭園&ルーフバルコニー施工事例特集】
バーベキュースペースがあるウッドデッキバルコニー

2階リビング続きのルーフバルコニーは、普段お仕事で忙しいお施主様が、家族水入らずで目一杯楽しむための仕掛けがたくさん。
広いウッドデッキ屋根付きのバーベキュースペースを設け、大きなシンクを配置しています。みんなが自然と集まるアイランドキッチンのすぐ横でバーベキューができ、動線もバッチリです。
バルコニーの軒天上にはダウンライトを設置して、夜間も快適に過ごせるようにしました。
高台からの美しい眺望を邪魔しないように、手すりはスケルトンに。視界が開け、空が広いので、天体観測にも適しています。

しっかり目隠しで青空を独り占めするプライベートバルコニー

ビルトインガレージの上部を利用した広いルーフバルコニー。
2階リビングだけでなく階段ホールとも大きな窓でつなぎ、内と外が一体の外中空間を描いています。
ご覧いただくとわかるように、手すり壁や木調ルーバーは通常よりかなり高め!
ぐるりと3方向に目隠しをめぐらせることで、前面道路や隣家からの視線を気にせず、ゆったりくつろげるようにしました。昼間は青空を独り占めするオープンカフェ、夜はライトアップがおしゃれな屋外のバースペース等々、さまざまな楽しみ方ができます。

●シチュエーションで使い分ける屋上テラス+デッキバルコニー

2階リビングとひと続きのウッドデッキバルコニー屋上テラス
シチュエーションに合わせて2つのバルコニーを使い分けられる住まいです。おうちアウトドアの楽しみ方も無限大! リビングや2階のバルコニーからは富士山が、屋上からは水平線が見えるように設計しています。
2階のバルコニーはバスルームから直に出入りでき、バスコートとしての側面も。バルコニー手すりはガラス素材を基本としつつ、バスルーム前など視線を遮りたい場所は、背の高い手すり壁を採用しています。

また現在公開中の【茅ヶ崎東海岸北モデルハウスⅡ】(https://www.howz-yamaken.co.jp/blog/20230801)も2つのバルコニーを楽しめる住まいです。
大きなテーブルセットも余裕で置けるメインバルコニーと、バスコートや物干しスペースも兼ねたセカンドバルコニーをご体感いただけますよ。

見学ご予約やお問い合わせは、下記メールフォームまたはお電話にてお気軽にご連絡を!
https://www.howz-yamaken.co.jp/contact/

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::

≪創業80年≫
神奈川・湘南エリアの注文住宅は山下建設株式会社(やまけん)へ!

▼Instagramはこちら▼
https://www.instagram.com/howz_yamaken/?hl=ja

▼Facebookはこちら▼
https://www.facebook.com/howzyamaken2111/

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::