通風について | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは。やまけんです。

今回は通風についてお話しします。

 

 

風通りの良い家を設計すれば、夏場、エアコンの利用を
少なくすることが出来、結果として省エネ効果も期待できます。

 

省エネの観点だけではなく、風通しの良い家は
新鮮な空気が循環し、汚れた空気を吐き出すので
心地良く快適、健康な生活が送れます。

 

風通しの良い家を作るためには、
設計段階で風がどこから入って、
どこに抜けるのかを考えていきます。

 

地域や立地条件などによっても異なりますので、
敷地の事前調査がカギを握ります。

 

 

一般的には対角線上に窓を配置して風の入り口と出口をつくりますが、

吹き抜けの場合は、暖かい空気は上へ流れる性質を利用して、

1階だけではなく、1階から2階へ縦に空気が流れるように設計します。

 

窓の取り付ける位置や種類によっても風の通り方が
大きく変わってきますので、経験豊富な設計士の
アドバイスも是非、聞いてみて下さい。