敷地いっぱいまで家を建てられない?「建ぺい率」と「容積率」ってなに? | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

 

こんにちは。やまけんです。

 

今回は家づくりをする上で知っておきたい建築基準法についてお話しします。

 

皆さんは「建ぺい率」と「容積率」をご存知でしょうか?

 

実は、購入した土地に対して様々な条件が定められていて

好きに家を建てられるというわけではありません。

 

土地に対して建てられる家の大きさは、

建ぺい率と容積率によって制限されています。

 

建ぺい率」は、敷地面積に対する建築面積の割合のこと。

(建ぺい率=建築面積÷敷地面積×100)

 

容積率」は、敷地面積に対する延べ面積の割合のこと。

(容積率=延べ面積÷敷地面積×100)

 

例えば、1階の上に2階がそのままのっているような総二階の建物がある場合

建ぺい率 が40%と指定された地域にある100m2の敷地には、

1階の床面積(=2階の床面積、=建築面積)が最大40m2の建物が建築可能となります。

容積率 が80%と指定された地域にある100m2の敷地には、

1階の床面積+2階の床面積(=延べ面積)が最大80m2の建物が建築可能となります。

 

建ぺい率 や 容積率 は

防火対策や通風や日当たりの確保、景観の美しさなどの

都市計画を考慮して定められています。

 

土地を購入する際は敷地限界まで家を建てられないということを

頭に置いておきましょう!

 

やまけんでは土地探しから家づくりをサポートしていますので

もし土地の購入で迷われたら、どうぞお気軽にやまけんにご相談くださいね。

 

 

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::

≪創業80年≫
神奈川・湘南エリアの注文住宅は山下建設株式会社(やまけん)へ!

▼Instagramはこちら▼
https://www.instagram.com/howz_yamaken/?hl=ja

▼Facebookはこちら▼
https://www.facebook.com/howzyamaken2111/

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::