やまけんの外壁② 多彩な壁材バリエーション | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは、やまけんです。

住空間はもちろん外観にもこだわった、やまけんの家。

施工事例集(https://www.howz-yamaken.co.jp/report/)の外観デザインをご覧になって、何かお気づきになりませんか?
塗り壁のお家が、とても多いんです。

…というのも、やまけんではアイカ工業の塗り壁材「ジョリパットネオ」(ゆず肌仕上げ)が標準仕様。塗り壁ならではの風合いや質感がある、ワンランク上の外観を実現できます。

また16㎜厚のサイディングも標準仕様です。

今回はジョリパットネオと16㎜サイディングの利点を、順にご紹介させていただきます。

ジョリパットネオの特長は?

汚れが付着しにくい素材で、紫外線による塗膜の劣化や色あせも少ないため、美しい見た目が長期間長持ちします。

また防藻・防カビ作用で、壁表面の黒ずみやカビの繁殖を抑制。

可とう性塗料なので、たわみや曲げに強く、ひび割れしにくいのもうれしい点です。

メンテナンス性が高いので、「雨ざらしになる外壁をしっくいや珪藻土にするのは、お手入れが不安」という方も手軽に塗り壁を取り入れられます。

またジョリパットシリーズはカラーバリエーションが豊富で、仕上げパターンも多彩。

標準仕様のゆず肌仕上げは、ゆず肌のように細かい凹凸があるざらりとした質感が特長です。どんなエクステリアにも馴染む、上品な風合いです。

16㎜サイディングの特長は?

戸建て住宅の外壁の中でもとりわけ需要の高いサイディング。最も薄いのが14mmで、厚みにより耐久性や価格が変わってきます。

また14㎜以下と15㎜以上では施工方法が異なるため大きな差が!
14㎜は釘で外壁材を打ち付ける「釘留め工法」、15㎜以上は金具に引っ掛けて施工する「金具留め工法」です。「釘留め工法」は壁を打った壁面から劣化が進む恐れがあり、また外観デザインの自由度も低くなります。
品質とデザイン性の両面から考えて、16㎜厚を標準とさせていただきました。
サイディングの対応メーカーなど詳細は、お問い合わせくださいね。

次回は外壁特集の後編。
貼り分けや板張り、樹脂サイディングなど、多彩な外壁バリエーションをご紹介します。

">https://www.facebook.com/howzyamaken2111/
https://www.instagram.com/howz_yamaken/?hl=ja

▼Facebookはこちら▼
https://www.facebook.com/howzyamaken2111/

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::