構造・工法 | 神奈川での注文住宅は山下建設
構造・工法

STRUCTURE

快適な住まいを⽀える やまけんがこだわる住宅性能

⽇本の伝統⼯法に 構造⽤パネルをプラスした、 地震に強い丈夫な構造 富⼠⼭が育んだ ⾻太構造材の富⼠ひのき ⼒強く家を⽀える スラブ⼀体型のベタ基礎など ⽬に⾒えない構造部分の品質にも 徹底的にこだわります。

POINT 01

⽊造軸組⼯法×構造⽤パネル

耐震性に優れた安心の構造

やまけんでは、⽇本の伝統⼯法である「⽊材軸組⼯法」に加え、建物外周部に透湿性能の⾼い「構造⽤パネル」を採⽤することで、地震に強く結露やカビが発⽣しづらい⾻太な住まいを実現しています。 ⽊造軸組⼯法は⼟台・柱・梁・筋交といった部材で⽀える構造で、窓や壁の位置、間取りや家の形状といったデザインの⾃由度が⾼いのが特徴です。 将来、増改築や間取り変更などのリフォームをしたくなったときにも臨機応変に対応できます。

⼀⽅、構造⽤パネルを使⽤した⼯法は、2×4⼯法(枠組⼯法)のように地震や強⾵などの⽔平⽅向に加わる⼒に対して壁⾯で⽀える構造です。 2つの⼯法の⻑所を融合させて、さらに構造⽤⾦物で粘りを出すことで、バランスの取れた耐震性の⾼い住まいを実現しています。

POINT 02

⼟台・柱

富⼠⼭が育んだ「富⼠ひのき」で 強度・耐久性を向上

主要構造部である⼟台と柱に使⽤する⽊材には富⼠ひのきを採⽤。富⼠⼭麓の⽕⼭灰⼟壌という厳しい環境下で⻑い年⽉をかけて成⻑するため、⽊⽬が細かく、強度や耐久性に優れています。

また、神奈川の気候や環境に馴染んだ近県材を使⽤することで、⽊材にかかる負担が軽減されて家が⻑持ちするのもメリットです。構造体として採⽤する富⼠ひのきは、低温でゆっくり乾燥させて1本1本含⽔率と強度を測定したものを採⽤しています。 厳格な基準をクリアした信頼の証として、部材には数値とマークを印字。こうして、住宅品質確保促進法(品確法)に適合した上質な構造材としての富⼠ひのきが⽣まれています。

POINT 03

外壁通気⼯法

耐久性と断熱性を確保する「外壁通気⼯法」

外壁と構造躯体との間に空気が流れる通り道「通気層」を設けることで、室内で発⽣した湿気が壁体内に溜まらないように外部へ⾃然に逃がします。 壁体内で起こる結露(内部結露)が抑制され、構造体でのカビの発⽣や腐朽、断熱性の低下を防ぎ、耐久性や快適性に優れた住まいになります。

POINT 04

屋根通気遮熱⼯法×発泡ウレタンフォーム断熱

太陽の熱を防ぎ、室内環境を快適に

屋根から直接熱が伝わらないように熱線反射アルミ特殊部材で太陽の熱を反射しながら、空気層で断熱効果をアップ。 さらに内側から⾼密度の発泡ウレタン(断熱材)を吹き付けることで⾼い断熱性能を実現しています。 屋根通気遮熱⼯法と発泡ウレタンフォームの相乗効果で、屋根からの熱の侵⼊量を最⼤50%削減。⼩屋裏の温度は最⼤で10度下がり、過酷な環境下でも温度変化が和らいで快適に過ごせます。 また、通気層によって熱が循環するため湿気を効果的に排出でき、結露や屋根下地材でのカビの発⽣や木材の腐朽を防げます。

POINT 05

ベタ基礎

家を⽀える基礎配筋を強化

標準仕様のベタ基礎は、 強度の⾼い直径13mm異形鉄筋を200mmのピッチで組み配筋を強化しています。 さらに、中通り(梁)の⽴ち上がりを増やすことで頑丈な基礎に仕上げています。

POINT 06

スラブ⼀体型 ジョイントレスベタ基礎

基礎の耐久性・耐震性が向上

やまけんでは基礎からこだわり、耐圧版と⽴ち上がり部分に打ち継ぎのない施⼯⽅法で、耐震性・耐久性の⾼い完全⼀体型のベタ基礎を実現。 継ぎ⽬がないため四⽅からの⼒をしっかり受け⽌めながら、
⽔などの侵⼊も防ぎます。

スラブ⼀体型ジョイントレスベタ基礎は蓄熱式床暖房での標準仕様です。

POINT 07

防蟻処理

より安全にシロアリから家を守る

やまけんでは⼈体や⾃然環境への影響に配慮して
有害な薬剤を噴霧しない防蟻処理を採⽤。

Joto基礎パッキング⼯法(標準仕様)で住まいの安全性を向上。 基礎と床の間にしっかり通気を確保することで内部の湿気を排除し、
シロアリの発⽣リスクを抑えます。

基礎断熱の場合は、タームガードシステムを採用。 タームガードシステムは蓄熱式床暖房での標準仕様です。 新築時に建物の基礎外周にパイプを設置して薬剤を注⼊するため、
暮らしながらシロアリを防げます。