センスのいい玄関の演出方法 | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは。やまけんです。

玄関は家の顔。
そして時には家族を送り出したり、お客様を出迎えたりする大切な場所。
そんな玄関は、センスのいい素敵な空間でありたいものです。

そこで今回は玄関という限られたスペースで、どのような演出方法があるかをご紹介します。

【素材にこだわる】

こちらの玄関の事例のテーマはアール」。
柔らかなカーブかまちにモザイクタイルをアクセントに使い、木材とタイルを上手に組み合わせました。おしゃれで温もりが感じられる、優しい空間を演出することができました。
また、玄関扉を木材にすることで、外観のアクセントにもなり、外と内の両方をおしゃれにできます。

【棚をつくる】

家に立ち寄ったお客様を玄関先からおもてなしするウェルカムスペース
玄関にちょっとした棚を設計しておくことで、ウェルカムスペースとして使うことができます。
ウェルカムボードや季節の花を飾るのにぴったりです。

【窓を大きめにつくる】

太陽の光が差し込む空間は、とても居心地のいいもの。
そんな空間でお客様を迎えられたら素敵ですよね。
だからこそ玄関の窓は大きめに作っておくことをおすすめします。
通気性もよくなるから、フレッシュな空気を維持することもできます。

【間接照明にこだわる】

作業をする空間では手元を明るく照らす照明設備が必要ですが、玄関では間接照明で「くつろぎの灯り」として光を取り入れてみてはいかがでしょうか。
間接照明とは、光を壁や天井に当てて間接的に部屋を明るくする方法です。
光の色や強弱で雰囲気のある空間を演出することができたり、解放感を高めることもできます。

このようにセンスのいい玄関を演出するための方法は、いくつもあります。
玄関にこだわって、気持ちのよい暮らしを手に入れましょう!