バルコニーの設計で注意すること | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは。やまけんです。

 

外から見ると、意外と目立つバルコニー
バルコニーは大きさ、形、手すりの高さ、材質によって建物の外観に大きな影響を与えます。
言い方を変えると、お好みのテイストを表現できる場所でもありますね。

 

 

バルコニーはリビングや寝室などの部屋からどのようにつながるか、その配置によっても異なる役割を果たします。

洗濯物を干す場所として、アウトドアリビングとして、インナーバルコニーとして、勝手口として、実に多くの選択肢があるのです。

 

 

おしゃれなデザインにしたいけれど、プライバシーもしっかり確保したい。
そして使い勝手のいいスペースにしたい。

それを叶える設計のご提案は、プライベート空間として手すりを高くしてカーテンをつけずに暮らせる家、というもの。

バルコニーの手すりが目隠しになるので、カーテンをつけなくてもプライバシーが確保されて、開放的な生活を送ることができますよ。

 

「こんなことがやってみたい!」というご希望があれば、どうぞお気軽にやまけんの設計士までご相談くださいね!