家のメンテナンスがラクになる方法 | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは。やまけんです。

マイホームを持つと必ずやらなければならないことが、家のメンテナンスです。
集合住宅の場合は建物のメンテナンスは管理会社がやってくれることがほとんどですが、
持ち家となると自分でやるしかありません。

外壁屋根など、メンテナンスが必要な場所は多くあります。
でもメンテナンスってお金もかかりますし、ちょっと手間…。
少しでもラクになれると嬉しいですよね!

そこで家のメンテナンスがラクになる方法を皆様にご提案します!

どうして外壁のメンテナンスが必要なの?
窯業系サイディングの場合、1枚1枚のパネルをつなぎ合わせて施工するのに
コーキングというもので隙間を埋めます。
コーキングが劣化すると、そこから雨水が侵入して雨漏りをしたり
家の躯体が腐ったりして、家を脆くさせる原因となります。

やまけんからの解決策
コーキングが少なくて済む外壁材を使いましょう!
おすすめはニチハFu-ge(フュージェ)」という外壁材。

コーキングが必要ないドライジョイント工法でつなぎ合わせるから
劣化知らずな上に、コーキング目地のないスッキリした外観になります。

外壁材としての耐久性も高く、30年に1回メンテナンスをすればいいという、優れもの。

一般的に10年に1回、外壁材の再塗装とコーキングの内替えを推奨しているため
これが3回なくなるとなると、時間もお金もぐっと節約できますよね!

初期費用は少々かかりますが、後々のことを考えると決して高くありません。

これからマイホームの建築を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

わからないことなどがあれば、お気軽にやまけんの設計士までご相談ください!