やまけんのSDGs 〜全ての人に健康と福祉を〜 | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

 

こんにちは。やまけんです。

 

近頃、SDGsと耳にする機会が増えてきました。

これは「持続可能な開発目標」を指し、今、世界中で取り組みが行われています。

やまけんにおいても、もちろんこの目標を視野に賛同し、持続可能な社会実現に向けて

日々取り組みを行っています。

 

 

今回はやまけんがどのような取り組みを行っているか

簡単にご紹介します。

 

■3 すべての人に健康と福祉を

高気密高断熱を実現し、温度変化の少ない身体にやさしい家づくりをご提供します。

自然素材を多く使用し、地産地消に取り組み、物質循環により地域社会の活性や安定に取り組んでいます。

 

■5 ジェンダー平等を実現しよう

性別によって可能性を制限されない平等な職場環境を実現しています。

職種についても積極的に経験してもらえるように機会を設けています。

 

■6 安全な水とトイレを世界中に

積極的な排水計画を実現し、節水型トイレや節水型水栓など最新技術を積極的に採用し提供し続けます。

 

■7 エネルギーをみんなに、そしてクリーンに

一次エネルギー消費量の削減のために、高気密高断熱の住宅を提供し続けます。

その上で、自ら使用するエネルギー量を太陽光発電で創り出す『ZEH住宅』の普及に取り組み、二酸化炭素の排出量の削減に努めます。

 

■8 働きがいも経済成長も

お客様に喜んでもらえるために、やりがいをもって家づくりに取り組んでいます。

働きやすい環境を整え、協力業者さんと共に成長を続けます。

 

■11 住み続けられるまちづくりを

メンテナンスをしながら永く住み続けられるように、

高耐久な資材や工法を使用した住宅『長期優良住宅』を提供し、

風土や環境に合った家づくりを積極的に提供し続けます。

 

■12 つくる責任、つかう責任

地産地消に努め、生産と消費の均衡を保つように資材の活用を持続し

長く住み続けられるように、変化に対応した家づくりを提供し続けます。

 

■13 気候変動に具体的な対策を

高気密高断熱の省エネルギー性能の優れた家づくりを提供し、

二酸化炭素排出量の低減を目的とした家づくりを提供します。

近年夏場の気温上昇による室内への影響を押さえられる家づくり計画を提供し

冷暖房設備などによるエネルギー消費の削減に努めています。

地震などの自然災害にも適応できる、耐震性や制振性に優れた家づくり提供し続けます。

 

 

これからも持続可能な社会を実現するために、

省エネルギー、高性能住宅の普及促進に取り組み

SDGsの実現に貢献していきたいと思います。