高性能な家ってどんな家? | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは、やまけんです。

 

これから家を建てるなら、高性能な家がいい

そんな話をよく耳にします。

 

確かにそれは間違いありません!

 

性能がいい家は暮らしやすいですし、家も丈夫です。

 

と、私たちは思うのですが、先日お施主様から

高性能な家って具体的にどんな家ですか?何がいいんですか?

というご質問をいただきました。

たしかに性能がいいと言われても、具体的に何なのかわかりにくいですよね。

 

今回はやまけんが考える性能がいい家についてお話します。

 

 

気密・断熱・換気をチェック

性能のいい家に欠かせないのは、この3点。

 

気密性…家の隙間をなくして、密閉性を高めること。

断熱性…室温を外部に影響されないようにすること。

換気性…部屋の中の空気を効率よく換気できること。

 

これがしっかり確保されていれば、性能が高い家と言えると思います。

 

つまり「温度変化が少ない家」がいい

気密・断熱・換気がしっかりしていると、一年を通して部屋の中の

温度変化が少なくなります。

 

夏は猛烈に暑くなりませんし、冬も息をのむ程の寒さは家の中で感じません。

 

そうなると何がいいかというと、健康面でのリスクが下がるんです。

熱中症やヒートショックなどの心配がなくなることで

ずっと長く快適に、健やかな暮らしが叶えられます。

 

高性能な家は、私たちが健やかに暮らせる家のことだと思います。

 

家族がずっと住む家だからこそ、健やかに暮らせる環境をつくりたい

それが「高性能な家がいい」ということにつながります。

 

やまけんでも気密・断熱・換気にしっかり取り組んだ家づくりを行っています。

高性能な家を建てるなら、ぜひやまけんにお任せください!