西日対策について考えよう! | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは。やまけんです。

 

暮らしやすい家を建てるなら、日差しの入り方についても考える必要があります。

 

太陽の光が持つエネルギーは想像以上に大きく、冬は日差しが入った方が暖かく心地よいですが、夏は暑すぎると感じてしまうことも。

だからといって日差しがまったく入らないと、部屋が冷たくジメっとしてしまう原因に。

何事もちょうどいい塩梅が大切です。

 

そこで今回は、太陽の光、特に西日対策についてお話ししたいと思います。

 

 

なぜ西日対策が重要かというと、太陽が西側にある時は太陽高度が低く、家の中に太陽光が入りやすいからです。

午後から夕方にかけてずっと日差しが射し込むことになるので、夏はとっても暑くなってしまい、エアコンも効きにくくなってしまいます。

そんな事態を避けるためにも、西日対策はしっかり考えておくようにしましょう!

 

日差し対策としてよく挙げられる、深い庇(ひさし)を付けるのもいいですが、それでは西日を防ぎきれません。

そこで西側に設置する窓だけを、LOW-Eガラスの遮熱タイプを使った窓を使用したり、外付けのシェードを設置することをお勧めします。

特に外付けシェードは遮熱効果が高いので、西側窓がある場合、夏だけでもいいので使うようにすると快適な室温をキープできますよ!

 

 

窓をつけない、という選択肢もあります。

初めから検討が出来ていれば、西側に窓がないことを考慮した間取りもご提案できますので!

 

快適に暮らせる家を建てるためには、様々なことを考慮しなければなりません。

そこは私達やまけんのスタッフがしっかりサポートいたしますので、安心してお任せくださいね。

理想の家を建てるなら、やまけんにお気軽にご相談ください!