家も紫外線で劣化する? | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは。やまけんです。

 

紫外線量が多くなる夏。

強すぎる紫外線は少なからず人体に影響を与えるため

最近は性別を問わず日焼け止めを使って紫外線を防ぐように言われていますね。

 

実は紫外線は人体だけでなく、家にも影響を与えるってご存知でしたか?

今回は紫外線が家に与える影響についてお話しします。

 

 

家の外壁には気密性や防水性向上を目的として、隙間を目地材などで充填しています。

これをコーキングというのですが、紫外線はこの弾性があるコーキングを劣化させてしまいます。

コーキングが劣化してしまうと、弾性があったものが固くなりひび割れてしまいます。

劣化したまま放置しておくとすき間ができ漏水の原因となります。

 

目地部分にヒビ割れがあると劣化している証拠ですので、

見かけたらなるべく早めに補修を行いましょう。

 

が内部まで侵入してしまうと家が傷む原因に。

できれば雨が多く降る梅雨時期前にチェックしておきましょう。

 

 

 

また紫外線によって木材の塗装なども剥がれたり、色褪せをしてしまいます。

気になるようであれば定期的な塗り直しを行いましょう。

 

家が傷んでしまってから修繕をすると、時間もコストもかかります。

そうならないためにも、コーキングのチェックは定期的に行ってくださいね!

ご不明点などがあれば、どうぞお気軽にやまけんまでご相談ください。