木のダイナミックな存在を感じられる家づくり ~家づくりで苦労したところ~ | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

やまけんでマイホームを建てられたお施主様とのストーリーも、今回で最終回

家を建てるにあたって、どんなところに苦労したのでしょうか?

リアルな声をご紹介します。

 

 

【資金】

今回のお施主様はご実家の土地の一部を使わせてもらうことになりましたが

やはり資金面では苦労されたようです。

 

「いろいろあって仕方なく膨らんでしまった予算の分、

どこかを削らなくてはならなりません。

だから苦渋の決断をしなくてはならない場面も多々ありました。

ただ、建築士さんが様々なアイデアで予算削減に尽力してくれたので

だいぶ余裕がうまれました。」

 

予算を削るために、諦めなければならないこともありますが

私達としてもできる限りお施主様のご要望に沿いたいので

可能な限り工夫を凝らした提案をするように心がけています。

もしご予算が厳しい…という場合でも、

工夫次第では理想の家が建てられるかもしれないので、諦めずにまずはご相談ください!

 

【区画割計画】

またこれは稀なケースですが、将来的にご実家の土地を売却する可能性があるため、

区画割計画をしたことです。

敷地が特殊な形のため、どこにお施主様の家を建てるべきか

測量や計算、将来を見越した予測などを担当の方と何度も打ち合わせや家族会議を重ね、

ようやく納得のいく形となりました。

 

区画分割計画のような専門的な知識が必要な課題も、私達スタッフが尽力いたしますので

どうぞ安心してご相談くださいね。

 

【選択】

そして「こうした方がよかった…」という心残りもあるそうです。

「なるべく金額を抑えたいという思いがあったので、

モデルハウスで採用していたような間接照明(天井付近など)を設置しませんでした。

しかし改めてモデルハウスの写真を見てみると

「やっぱりあった方がかっこよかったなぁ」と思ったりします。」

特に見栄えの部分はわかりやすいということもあり、

こうすればよかったと感じることが多いようです。

予算には限りがあるので、どうしても妥協しなければならない点は出てきます。

致し方のないことではありますが、

私達も心残りのない家づくりをご提案できるよう、尽力いたします。

 

 

やまけんではあらゆる面からお施主様の家づくりをサポートいたします。

どんなことでも困ったことがあればお気軽にご相談くださいね。

一緒におもいっきりMY STYLEの家を建てていきましょう!