パッシブデザインとは? | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは。やまけんです。

 

家づくりを考えていると「パッシブデザイン」という言葉を耳にすると思います。

 

パッシブデザインとは、

光と風をコントロールして、1年中快適に過ごせる設計」のことを指します。

 

自然の力を上手に利用しているから、省エネにもつながりますし

なにより暮らしていてとても心地がいいというメリットがあります。

しかし、ただ家を建てるだけでは、なかなか難しいですよね。

その土地や環境、立地条件などを踏まえて設計することが大切です。

 

やまけんの設計はパッシブデザインと言えるものが多く、

代表的なものだと鵠沼海岸モデルハウスなどが挙げられます。

(※すでに売却済みのモデルハウスのため、見学は承りかねます。)

 

 

 

 

温暖化が進んでいる今、いくらパッシブデザインとは言っても

昔のように自然の力だけで暮らすことは難しくなっています。

でも夏の強すぎる日差しをカットしたり、

風の出入り口を確保して湿度を調整したり、

気密断熱性を上げて外気温の影響を受けないようにしたり、

様々な工夫を取り入れることで、少ないエネルギーで

地球にもお財布にも優しく生活することができます。

 

皆さんも家を建てるときは、パッシブデザインを意識してみてくださいね!

パッシブデザインを考慮した家づくりなら、ぜひやまけんにお任せください