高台に家を建てるときのポイント | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは。やまけんです。

 

神奈川県には高台の土地が多くあります。

高台に家を建てると風通りや日照がよく、

場所によっては高台から海が見えることもあり、

とても人気があります!

 

 

そんなリゾート感溢れる高台の家ですが、

建てるときに気をつけたいポイントがあります。

いくつかご紹介するので、注文住宅を建てるときは注意してくださいね!

 

ポイント① 急傾斜地崩壊危険区域に注意!

高台の中には、神奈川県から急傾斜地崩壊危険区域と指定されている住宅地もあります。

家を建てることは可能ですが、がけ崩れ対策などを行う必要がある場合も。

そうなると予算が別途発生することになります。

高台の土地を購入する際は、急傾斜地崩壊危険区域かチェックするようにしましょう。

 

ポイント② 強風対策を万全に

高台は風を遮る物がないため、平地に比べて風をダイレクトに受けます

そのためシャッターを設置する場合が多いのですが、

強風のときには空気が入ってシャッターが外れてしまった…ということも。

 

ポイント③ 設計に影響がある場合も

強風が当たると、多少なりとも家は揺れます。

強風に耐える構造にするためにも、吹き抜けは本来であれば避けたいところです。

もし吹き抜けをつくったとしても、コンパクトな空間にする、というように

多少なりともデザインに影響することがあります。

イメージと違うデザインになる可能性もあることを、頭に入れておきましょう。

 

 

このように注意点はありますが、高台は周りに家がないため

カーテンなしの解放感溢れる家が建てられる

見晴らしがいい

という魅力のある家を建てることができます

魅力を最大化するためにも、注文住宅でおもいっきりMY STYLEの家を建てましょう!

その際はぜひやまけんまでご相談くださいね。

 

 

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::

≪創業80年≫
神奈川・湘南エリアの注文住宅は山下建設株式会社(やまけん)へ!

▼Instagramはこちら▼
https://www.instagram.com/howz_yamaken/?hl=ja

▼Facebookはこちら▼
https://www.facebook.com/howzyamaken2111/

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::