「住宅省エネ2023キャンペーン」3省連携の補助金がスタート! | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは、やまけんです。

皆さま「住宅省エネ2023キャンペーン」をご存知ですか?
カジュアルな名称ですが、実は国土交通省・経済産業省・環境省が連携して実施するキャンペーンです。

3つの補助事業「こどもエコすまい支援事業」「先進的窓リノベ事業」「給湯省エネ事業」がワンストップで利用できるように、専用サイト(https://jutaku-shoene2023.mlit.go.jp/)も用意されています。
2050年のカーボンニュートラル実現に向け、省庁の枠を超えて取り組む一大事業だけに予算も還元率も過去最大!利用しない手はありません。

 

 

一定の条件を満たせば、新築は「こどもエコすまい支援事業」と「給湯省エネ事業」、リフォームは全事業の対象に!
やまけんなら、新築もリフォームも対応していますよ♪

 

3つの事業はいずれも、遅くとも2023年12月31日までに申請が必要

予算上限に達し次第終了となるので、利用を検討する場合は、余裕を持って家づくり計画やリフォーム計画を立てたいですね。

 

それぞれの事業内容を、もう少し詳しく見てみましょう♪

 

【こどもエコすまい支援事業】

子育て世帯や若者夫婦世帯を対象とし、ZEHレベルの新築住宅を取得する際に100万円を補助。対象の省エネリフォームに関しては、原則最大30万円子育て世帯・若者夫婦世帯の場合は最大60万円)補助する事業です。

リフォームは大規模な断熱工事だけでなく、エコ住宅設備の設置なども対象になるので、節水トイレの導入などをご検討中の方は要チェック。

また省エネリフォームと同時に行う場合、子育て対応改修やバリアフリー改修、防犯性向上改修などにも補助金が出ます。

 

専用サイト:

https://kodomo-ecosumai.mlit.go.jp/

 

 

出典:こどもエコすまい支援事業の概要(国土交通省)

 

 

【先進的窓リノベ事業】

Uw値1.9以下の高い断熱性能を持つ窓へのリフォームに対して、200万円を上限に費用の定額補助を行う事業です。内窓設置、外窓設置、ガラス交換などが対象。
これまでにない補助額で、窓リフォームが断然お得になります。

高断熱窓は省エネ対策だけでなく、結露対策にも有効ですよ!

 

専用サイト:

https://window-renovation.env.go.jp/

 

 

出典:先進的窓リノベ事業の概要(経済産業省)

 

 

【給湯省エネ事業】

高効率給湯器(ハイブリッド給湯器・ヒートポンプ給湯器)の導入に対して1台5万円家庭用燃料電池に対して1台15万円の補助金が支給される事業です。

やまけんでも多くのお客さまがヒートポンプ給湯器「エコキュート」や、家庭用燃料電池「エネファーム」を設置しています。

戸建て住宅はいずれも2台まで補助対象。家庭用燃料電池×2台導入なら、最大30万円の補助になります。二世帯住宅で世帯別に家庭用燃料電池や給湯器を分けて設置したい場合などには、うれしいですね♪

 

専用サイト:

https://kyutou-shoene.meti.go.jp/

 

 

 

出典:高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業費補助金事業概要(経済産業省)

 

これら3つの住宅省エネ事業に加え、「住宅ローン減税」・「両親や祖父母から資金贈与を受けて住宅取得を行う場合の贈与税非課税枠」も省エネ性能の高い住宅ほど優遇されます

新築・リフォーム時は、住宅性能の差が補助金額や減税率に反映されることもしっかり考慮して、費用を抑えつつ快適な家を建てたいですね!

 

 

 

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::

≪創業80年≫
神奈川・湘南エリアの注文住宅は山下建設株式会社(やまけん)へ!

▼Instagramはこちら▼
https://www.instagram.com/howz_yamaken/?hl=ja

▼Facebookはこちら▼
https://www.facebook.com/howzyamaken2111/

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::