太陽光発電+EV車で電気代&走行費をかしこく節約 | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは。やまけんです。

 

前回投稿したガレージの話題に関連して、

太陽光発電で暮らしの電力や電気自動車の燃料を賄うくらしをご提案します。

【太陽光発電で家庭の電力や自動車燃料を賄う】

光熱費やガソリン代が高騰し続ける中、改めて導入を検討する方が増えている太陽光発電システム

太陽光発電で創った電気で暮らしに使う電力を賄うことで、光熱費をグッと抑えられます

またお得な深夜電力を利用し、夜間は安価な電気を電力会社から購入

余剰電力は売電することでより光熱費を節約できます。

また燃料(電気代)がガソリンより安価なEV車を導入すれば、走行コストの削減が可能です。

今すぐEV車を導入する予定が無くても、新築時にコンセントを設置しておけば外部電源として使え、

後から追加工事をする必要もありません。

 

 

【売電を減らして蓄電池で自家利用が最近の主流】

近年では太陽光発電の売電価格が安価になっていることから、

余剰電力の売電量を減らして自家利用を増やす家庭が増加

FIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)終了後を見据えた対策としても、有効な選択肢です。

日中に発電した電気を蓄電池に貯めて、発電が見込めない時間帯に使うことで、電気代を軽減できます。

蓄電池があれば、災害時などで停電した際に電力を確保できるメリットもあります。

また最近では、EV車に貯めた電力を蓄電池代わりにできるV2Hシステムも普及し始めています。

こちらは通常の蓄電池より充電時間が短く、効率的。政府が普及を進めているため、補助金も利用できます。

 

 

【HEMSで「見える化」して省エネを促進】

より効率的に省エネ化したい方には「HEMS」(ホームエネルギー・マネジメントシステムの導入がオススメ。

家庭内の消費電力量や電気料金、売電·蓄電量などを「見える化」できるので、住まいの電気事情が一目瞭然。

節電や創電へのモチベーションが上がり、改善点の検討もしやすくなります。

 

 

 

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::

≪創業80年≫
神奈川・湘南エリアの注文住宅は山下建設株式会社(やまけん)へ!

▼Instagramはこちら▼
https://www.instagram.com/howz_yamaken/?hl=ja

▼Facebookはこちら▼
https://www.facebook.com/howzyamaken2111/

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::