注文住宅ならでは!左官仕上げ、コテ跡の魅力 | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは、やまけんです。

現在公開中の【茅ヶ崎東海岸北モデルハウスⅡ】(https://www.howz-yamaken.co.jp/news/works/20230801/)は、間取りはもちろん素材のテクスチャーや仕上げにも、かなりこだわっています!

 

中でも手間がかかる左官仕上げは、注文住宅ならでは

職人さんがコテを使って塗り壁を仕上げ、手仕事ならではの味わいが出ています。

 

キッチンの壁はイタリアの水性塗料ブランド「VALPAINT(バルペイント)」。

コテ跡の残る独特の質感がオシャレです。

 

 

外壁の塗り壁は、やまけんで標準仕様のアイカ工業「ジョリパット・ネオ」。

小粒ロックという石肌のような凹凸感を出したテクスチャーです。

 

 

続いて過去の事例から。

やまけんで人気のホタテ漆喰は、ムラなくなめらかに仕上げてもキレイですが、コテ跡を残せば、風合いが増します。

 

 

こちらはホタテしっくい壁と、なぐり加工のフローリングを組み合わせて、素材感を強調しています。

 

 

ベルギーのBEAL社製左官塗料「MORTEX(モールテックス)」は、薄塗りで防水性や耐久性に優れ、キッチン、バスルーム、トイレなどの水回りにでも左官アートを楽しむことができます。

モルタルのような風合いで、グレー以外にも様々なカラーが!

 

 

こちらは左官仕上げの茶色い壁をダウンライトで照らし、凹凸のある表面の塗りを際立たせています。

 

 

櫛目模様を付けた櫛引や、ラフなコテ跡も個性的でステキです。

 

 

 

職人さんの手仕事が光る左官仕上げ!
興味のある方はお気軽にお問合せください。

 

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::

≪創業80年≫
神奈川・湘南エリアの注文住宅は山下建設株式会社(やまけん)へ!

▼Instagramはこちら▼
https://www.instagram.com/howz_yamaken/?hl=ja

▼Facebookはこちら▼
https://www.facebook.com/howzyamaken2111/

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::