HEAT20のG1・G2・G3とは?ZEHや断熱等級とどう違う? | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは、やまけんです。

皆さまは、HEAT20とは何かご存じですか?
一昨年あたりから急に存在感を増したワードです。

住まいの省エネ性能や断熱性能に関する話題が出た際、当たり前のように出てくる言葉なので、よく知らなくても今さら聞けない雰囲気がありますよね。

そこで今回は、近ごろよく目にするHEAT20について簡単にご紹介します!

【HEAT20とは?】

住宅有識者によって設立された「一般社団法人 20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会」の略称です。

「環境負担の低減」や「安心安全で高品質な住まいの実現」を目指し、独自の断熱性能基準を設定。

冬場の最低室温を10℃〜15℃以上保つために必要な断熱性能を基準として、8つの地域区分ごとに3段階(G1~G3)の住宅外皮水準を設けています。

国の省エネ基準やZEHの認定住宅より、さらに高い基準が求められます。

【なぜ今、HEAT20が注目されているの?】

住宅性能表示制度が改正され、2022年に断熱等性能等級5~7と、一次エネルギー消費量等級6が新設されました。2025年には断熱性能等級、一時エネルギー消費量等級ともに等級4が省エネ基準適合住宅の最低基準となる予定です。

新たに設定された上位等級は、これまで公的な省エネ等級より基準が厳しいとされていたHEAT20と同等に近い断熱性能。

さら2030年には、HEAT20のG1グレードに近い断熱性能レベルである、断熱性能等級5の義務化が予定されています。

省エネ適合基準が厳しくなったことで、これまでハイレベルな省エネ性能を求める方だけに認知されていたHEAT20が多くの方にとって身近な存在となり、急激に注目度が増しました。

【HEAT20 G1~G3の違い&断熱基準やZEHとの比較は?】

⚫︎G1グレード

冬場の最低室温をおおむね10℃に保つ性能を基準にしています。

神奈川県の多くのエリアが属する6地域の場合、上記の基準に対応する断熱性能(UA値)は0.56W/㎡k。
同地域帯での断熱等性能等級5、ZEH住宅、長期優良住宅、低炭素住宅に求められる断熱性能がいずれも0.6W/㎡kなのに対して、若干高い基準です。

※UA値は値が低いほど高性能です

⚫︎G2グレード

冬場の最低室温をおおむね13℃に保つ性能を基準にしています。

神奈川県の多くのエリアが属する6地域の場合、上記の基準に対応する断熱性能(UA値)は0.46W/㎡k。
同地域帯の断熱等性能等級6が求められるUA値と同じ値です。また0.5W/㎡kのZEH+より若干ハイレベルな断熱性能です。

⚫︎G3グレード

冬場の最低室温をおおむね15℃に保つ性能を基準にしています。

神奈川県の多くのエリアが属する6地域の場合、上記の基準に対応する断熱性能(UA値)は0.26W/㎡k。
同地域帯の断熱等性能等級7が求められるUA値と同じ値です。

やまけんの家は標準でもHEAT20 G1グレード以上。
安心の高断熱仕様です。

また現在、さらに高断熱なHEAT20 G2グレードの茅ヶ崎東海岸北モデルハウスⅡを公開中!

見学ご希望の方は、お気軽にお問合せください♪

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::

≪創業80年≫
神奈川・湘南エリアの注文住宅は山下建設株式会社(やまけん)へ!

▼Instagramはこちら▼
https://www.instagram.com/howz_yamaken/?hl=ja

▼Facebookはこちら▼
https://www.facebook.com/howzyamaken2111/

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::