新公開【鵜野森モデルハウスA棟】見どころ紹介① | 神奈川での注文住宅は山下建設
ブログ

BLOG

こんにちは、やまけんです。
相模原市南区鵜野森で2棟同時に公開開始した【鵜野森モデルハウスA・B棟】
異なるタイプのモデルハウスを同時に見学できるとご好評いただいています♪

今回の見どころ紹介では、【鵜野森モデルハウスA棟】が登場。
上質なインテリアを配した“アーバンラグジュアリースタイル”の住まいを、3回にわたってご覧いただきます。

外観はグレー・白・ベージュなどシックな色合いの塗り壁(アイカ工業/ジョリパットネオ)を塗り分けた、大人っぽく品のあるデザイン。
軒天上は木調で、玄関ドアとテイストを合わせています。
三角屋根の一部をくりぬくことで、軒を深く取りつつも、採光をさえぎらないようにしました。

ワイドな玄関スペースは、LDKと一体!広々とした玄関土間で、DIYや自転車のお手入れなどを楽しみながら、家族と一緒の時間を共有できます。
設えにもこだわり、重厚感のある板張り天井と間接照明で、趣のあるお出迎え空間を演出しました。
手すりの機能を兼ねた白い柱は、縄を巻き付けたようなデザインで、つかまったときに滑りにくいよう配慮しています。

大型の玄関クローゼットには、靴はもちろん外遊びの道具や、DIYグッズなどもまとめて収納可能。下部を空けたフロート収納タイプなので、玄関がより広く見えます。クローゼット下には間接照明を仕込みました。
クローゼット横には、座って靴を脱ぎ履きできる玄関ベンチを設けています。

住まいの中心にあるのは、ダイナミックな吹き抜けLDK。
三角屋根を活かした板張りの勾配天井で、より高さを強調しています。
吹き抜け階段と2階ホールには、視界や採光の邪魔をしないスリムな金属製手すりを設置。シャープな黒いラインが空間を引き締める役割りも果たします。
ヒートポンプで作ったお湯を循環させて蓄熱し、家中を暖める「蓄熱式床暖房」なので、大きな吹き抜け空間全体がムラなくあったか。“温度のバリアフリー”にも注目しつつ、見学してください!

前庭やテラスに面したリビングには、ワイドなサッシと大ぶりの窓を設け、戸外と一体になる開放感いっぱいのスペースを創出しました。

大空間リビングの一角には、階段下を活用したおこもりスペースが!
大工さんの手仕事が光る“ビーンズヌック”は体にしっくりなじむカタチで、もたれかかって本を読んだり、音楽を聴いたり、ゆったり過ごせます。
ヌック下には、ロボット掃除機の基地を設置しました。

ヌックの向かいはテレビコーナー。まったりしながら鑑賞できます。
造作テレビボードの背面には白い石材のタイルを配置し、間接照明で凹凸のある表面を強調しました。

今回は、ひとまずここまで。
次回は、デザイン性と機能性を極めたダイニングキッチンや水回りを中心にご覧いただきます。

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::

≪創業80年≫
神奈川・湘南エリアの注文住宅は山下建設株式会社(やまけん)へ!

▼Instagramはこちら▼
https://www.instagram.com/howz_yamaken/?hl=ja

▼Facebookはこちら▼
https://www.facebook.com/howzyamaken2111/

◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::◇::☆::