ZEH目標のお知らせ | 神奈川での注文住宅は山下建設
お知らせ

NEWS

現在日本の「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、

住宅分野については

 

「2020年までに標準的な新築住宅でZEHの実現を目指す」

 

とする政策目標が設定されております。

 

※ZEH=年間の一次エネルギー消費量が正味ゼロとなる住宅=ネットゼロ・エネルギー住宅

※さらに「2030 年までに新築住宅の平均でZEHを実現することを目指す」とされています。

 

 

これを受け経済産業省では、この目標達成に向けた「ZEHロードマップ」の検討を行い、

2015年12月に公表し、「2020年までに、ZEHの自律的普及・新築住宅の過半数をZEH化」を目標として掲げました。

 

 

山下建設でも、今後の住宅のZEH化及び普及に向けて、2020年度までにZEHNearly  ZEH含む)を

50%以上達成する為に以下の目標を数値を掲げ、弊社がZEHビルダーとして登録されていることを

ホームページ等で告知させて頂き、施主様に対してZEHの意識を高めて頂けるよう取り組みをしてまいります。

 

【ZEH目標】

ZEH受託率目標数値

 

 

 

経済産業省の補助金の概要を説明させて頂いた上で、住宅をZEHにすることで、断熱性・気密性が高く、

冷暖房の消費エネルギーや光熱費が抑制出来ることや、ヒートショックの予防などによる健康快適性向上、

地球環境保全及びCO2削減が叶えられることお伝えしていきたいと考えております。

 

 

これまでにもご提案をさせて頂いておりました、高気密・高断熱住宅を更に進化させ、

お客様にとって、より良い住宅のご提案・ご提供を実施が出来るようスタッフ一同邁進していきますので

何卒よろしくお願いを致します。