内と外からの視界を計算した窓配置で、薪ストーブを満喫する家 | 神奈川での注文住宅は山下建設
施工事例

WORKS

内と外からの視界を計算した窓配置で、薪ストーブを満喫する家

ワンフロア丸ごと使った2階LDKに、薪ストーブを据えた贅沢なくつろぎ空間です。家族の気配を感じつつ、ブリックタイル張りの腰板でゆるく仕切ったライブラリーや、太い梁に吊るしたハンモックなど、思い思いの場所で過ごせるようにしました。

キッチンカウンターの側面やダイニングテーブルは、いずれも木製。勾配天井にはコーブ照明を配置し、黄色がかった光の筋が、空間にいっそう温かみを与えています。

薪もインテリアの一部のようなウッドデッキバルコニーは、手摺壁を高くして通りからの視線をシャットアウト。まるで青空の下まで、リビングが続いているようです。

室内からバルコニーへ出る掃き出し窓は、あえて窓の高さを低くし、窓越しに見える景色を計算しています。掃き出し窓を小さくした分、高天井を利用して上にも窓をバランスよく配置し、室内に空の景色と光を充分に取り込みました。リビング中央の薪ストーブは、冬の寒い季節のお家時間を豊かに、家族みんなが集まりたい場所にする、そんな役割も買ってくれそうですね。

また、大きなシューズインクローゼットを設けた玄関ホールは、木材の凹凸や木目をくっきりと際立たせる、ハンドスクレイプ加工の無垢フローリングを採用。
玄関に入った瞬間になんだかほっとする、そんな気持ちにさせてくれます。

水回りは、打って変わってタイル張りで清潔感のある真っ白な空間。浴室、洗面、家事室、駐輪場としても利用できる屋外物干しスペースを一直線につなげ、家事ラク動線を実現しました。
家事室には昇降式物干しや棚も設置しているので、雨の日の室内干しや、乾いた洗濯物・アイロン掛けの洋服などの一時置きとしても使えるのが便利ですね。

屋外物干しスペースは、外壁に取り付けた木製格子が程よく光を取り込みつつ目隠しの役目も果たすので、人目を気にせず洗濯物を干すことができます。

間取り、仕様、インテリア、素材の一つひとつまで、お施主さまのこだわりが感じられる家になりました。